●千葉県 個人邸の庭

「敷地全体の土通通気、雨水浸透改善と植栽およびリガーデン作業」

 

親方の元を独立後、最初に施工させていただいた千葉県のお庭です。

お庭全体の、土中通気浸透改善と、リガーデンということでご依頼を頂きました。

元々植えられていた木の移植、既存の石やブロックの移動・据え替えなど

そこにあるものを活かして施工させていただきました。

 

●施工前の様子

 

最初にお伺いさせていただいたときに、庭空間から受ける印象として、土中の水の滞りを気配として感じました。

庭空間の土中の空気の通気性、雨水の浸透性を促すべく、

施工の最初に敷地まわりに溝と、穴を点々と掘り、地面の通気と浸透を助長させるための作業を行いました。

 

敷地の周りを掘ることで地面に高低差が生まれます。

土中の水は基本的に低い方へ動こうとしますので、溝を掘り巡らせ、平地の庭の中に高低差を設けることで地中の水の動きができます。

今までその場で動けず浸み込めず、じっとしていた水(地表付近の停留水)が溝の方へ向って動き出します。

動くというのは表面を走り流れることではありません。

土中を動くのです。

さらに点々と深みを作ることで、その深みに向かってより水が集まってきます。

穴に集まった水はそこからさらに地中へ浸み込んでいきます。

浸み込めば浸み込むほど水道(みずみち)が開かれ、大きくなり、水脈となっていきます。

そのようなメカニズムで土中の水の動きを作ります。

 

また、植栽を施した後にもマウンド単位で溝を掘り巡らせています。

また点々と深みを作るようにします。

樹木の植わっている周りでも起伏をつけることで落差を設け、さらに溝と深みでより高低差をつけます。

木の周りの土の中でも水と空気の動きができると、木の根はどちらもそれを必要としているのでよりよく成長していきます。

また溝や縦穴に入れた有機物によって、土中の好気性(空気を必要とする)微生物の活動(分解)が活発になり、分解されていく過程で土中にも微生物を呼び込みます。

その過程で目視で菌糸を確認できることがあります。

 

溝や穴の中には有機物を枝同士絡ませるように入れます。

穴には通気口として竹筒を入れています。

また完成すると分かりませんが、板石の下にも溝を巡らせます。

 

その溝にも深みをつけ、より敷地全体で浸透し、周囲に掘り巡らされた溝の方へ土中水が動くことで、敷地全体で浸透の流れを作っていきます。

浸透することは逆もしかりで地面からの排気を促します。

あえて排気と書きましたが、地面から空気が出るという意味です。

目視で確認することはできませんが、地面は絶えず呼吸しています。

呼気し、雨水が浸透することで吸気しています。

 

最後は落ち葉などの有機物で土の表面を、雨水の直撃と直射日光からカバーして仕上げです。

コンポストもご要望により作らせて頂きましたが、裏で使用されていた「すのこ」をリユースして作らせていただきました。

コンポストの周りにも溝を掘り巡らせ、コンポスト上の土がより呼吸しやすいように工夫しています。

 

 

© 2023 丹波の庭工事・造園・外構工事・エクステリアなら松下造園風景舎 Powered by AFFINGER5